シニア行政書士の開業日記

シニア利府法務事務所ではシニアの皆さまが利用しやすい料金を設定するなど、シニア世代が利用しやすい事務所になることをめざしています。
 長年連れ添った夫が亡くなった。相続人は妻と子どもとします。  ごく一般の家庭であれば、相続する遺産は自宅と少しの預貯金というケースがほとんどです。...
私はこの6月にシニア世代の仲間入りをします。何かを始めるには遅すぎる感がありますが、このたび行政書士事務所を開業することといたしました。私が65歳で行政書士事務所を開業したわけとは…。